*開催レポート*3/5(土)〈女子未来大学 想いを磨き実現する学部〉女性に響くメディアってどう作るの?〜たった1年間で150万人にリーチ!趣通信ができるまで〜を開催しました

12805660_594725207345712_5105375095016730784_n
 
今回はリリースからわずか1年間で月間150万人にリーチする女性に人気のメディア「趣通信(http://ommki.com/news/)」のファウンダーである藤森啓敏氏を講師にお迎えし、授業を開催しました!
趣通信は「和に触れ 広げていく輪」をコンセプトに、茶道・日本料理・着物などのお稽古ものから歌舞伎・日本工芸・美術まで、幅広いジャンルの情報発信をしているサイトです。
  
第一部では、藤森氏から「どうやって女性に響くテーマをみつけるのか」「コンテンツをどうやってマネタイズしていくのか」についての講演、第二部では女子未来大学ファウンダーの猪熊真理子とのTalk Sessionを行いました。
  
  

〈第一部講演「たった1年で月間150万人にリーチ!女性向けメディア“趣通信”ができるまで」趣通信ファウンダー藤森啓敏氏〉

12794451_594725464012353_5186340370818636877_n

藤森さんが日本文化の習い事に特化した検索サイト「趣通信」を作成したのは会社員時代の体験がきっかけだったそうです。
クライアントとの会食が多くマナーを身につけたいと思い立った時、日本文化を学ぶ教室に関してまとまった比較サイトがないことに気付いたのだとか。
そこでご自身で新しいメディアを立ち上げるプランを立て、「趣通信」が誕生しました。
  
■コミュニティ化・・・
強いメディア作りの肝は、閲覧者をどうコミュニティ化するか。
  
趣通信の「日本文化」という切り口においては、まず日本文化に興味を持ってもらうきっかけを作り、さらに実際に楽しんでもらう一連の流れを作り出すことがとても重要だと考えたそうです。
   
コミュニティ化するためには、既存のネット上の記事や動画を集めるだけでなく、自社オリジナルの取材記事や動画を制作して拡散させることに注力されてきました。
積極的にFacebookページやInstagram(♯趣着物)を活用することで、SNS上でのシェア数やいいね!数、ハッシュタグを使った広がりを実現しています。
こうすることで、SNS上で投稿者同士の交流が生まれたり、「趣通信」がブランディングされていきます。
  
■マネタイズ・・・
メディアづくりにおいて、皆さんがよく頭を悩まされるのがマネタイズ(課金化)について。
どんなに素晴らしいコンテンツを提供されているメディアでも、マネタイズに上手くいかないということもあるのではないでしょうか。
  
WEBサイト運営におけるマネタイズ手法は多様にありますが、趣通信では広告掲載、販売等の手数料、課金モデルを導入して収益化しているそうです。
こう書くと非常にシンプルなようですが、そもそもサイトユーザーの獲得、さらに広告掲載に協力してくれる企業への営業は非常に地道で、数多くの店舗や教室、イベントに出向いて取材や営業を重ねられています。
こうした努力がユーザーや企業への理解とニーズ解決の実現に繋がっているのだと、大変勉強になりました。
  

〈第二部 Talk Session「女性に支持される、こらからのメディアやコミュニティの作り方とは?」趣通信ファウンダー藤森啓敏氏×女子未来大学ファウンダー 猪熊真理子〉

12821368_594725550679011_45668628872708659_n

第一部の講演をもとに参加者のみなさんから、気になった点、もっと聞きたいことを会場の中から集め、第二部のTalk Sessionを進めました。
  
参加された方の中には既にご自身でサイトを運営されている方や、これから取り組んでいきたい方もおられたようで、当事者としてプロ視点。ビジネス視点の質問も多く寄せられました。
  
とくに、「コミュニティ化」をどのように実現すればよいのか、メディア運営におけるKPIをどのように敷けばよいのかといった、具体的で鋭い質問が集まりました。
  
中でも印象的だったのは、女子未来大学ファウンダーの猪熊が話していた「本質的にこれからのメディアは“リアル”さの追求が重要なのではないか」ということでした。
  
いわゆる「リーチ数」と呼ばれる、部数や閲覧数、視聴率などでどれだけリーチができているかだけを測っても、情報過多の現代においては、届いているようで届いていない情報というのが山ほどあります。
結局は「その情報がいかに人を動かすことができるのか」が重要なのではないかというこということをお話していました。
  
「人を動かす」というのは、
心を動かす=感動する、ということもあれば、
足を動かす=来場してもらう、リアルに来て頂く、
手を動かす=手に取る、何か真似てみるなど、
様々な行動を生みます。
  
これからのメディアやコミュニティの在り方は、「人を動かせるメディアか」ということが問われてくるのだとお話されていました。
  
「たしかに、これだけ情報があふれかえっている昨今、ありきたりなものでは人の感動を呼び起こすことはできませんね…!
  
  
今回は、はじめて女子未来大学にご参加いただいた方が多くいらっしゃいましたが、懇親会でも時間が足らなくなるくらいの盛り上がりでした。
40名を超える皆さんにご来場いただき、満足度も97%と非常に高い評価をいただくことができました。
  
今回の授業がみなさんの今後の活動に役立つ時間になればスタッフ一同嬉しい限りです!
  
  
改めまして、ご参加頂いた皆様、講師の藤森さん、会場を提供していただいたSansan株式会社様ありがとうございました!
(Reported by 品川瑶子)
12814022_594725520679014_4601114076856334803_n