*開催レポート* 8/26 「コンプレックスを魅力に変えて、望むキャリアを手に入れる方法 」<書き起こし・前編>

今回は、MANABICIA 代表として女性のキャリアと自信形成を支援し、女性が働きやすい組織と社会を創る活動をしている池原真佐子さんを講師にお迎えして、「コンプレックスを魅力に変えて、望むキャリアを手に入れる方法」をテーマに授業を開催しました。

池原さんの著書「魅力の正体」にインスピレーションを受けながら、コンプレックスを魅力に変える方法、今の時代を生きる女性に必要なFQ(魅力指数)の高め方、望むキャリアと自信を持つ方法についてお話しいただきました。
後編はこちら
集合写真

インスピレーショントーク「自信と望むキャリアを手に入れる 魅力の正体」

池原と申します。宜しくお願いします。
今日のタイトルは「コンプレックスを魅力に変えて望むキャリアを手に入れる方法」です。
 
まず、私のプロフィールをご説明したいと思います。私は福岡県出身です。もともと、両親が教員だったので、人の成長を支えて可能性を広げる教育っていい仕事だなと常々思っていました。いろいろ調べていくうちに生涯教育は新しい分野じゃないかなと思い、19歳のときに生涯教育の専修で早稲田大学に入りました。で、そのまま勉強していくうちに楽しくなって早稲田の大学院を卒業しました。卒業前にNPOとかNGOとか色々な団体でインターンをしていて、ひとつ気づいたことは、どれだけいい活動をしていても、人への伝え方がうまくない団体ってすごい多いなって思ったんですね。「私たち良いことしてるし、みんなわかってくれて当然」と。でも、それでは全然魅力が伝わってないんですよ。そういうときに、PRって仕事があって、広報とは、人に魅力的なことを伝える仕事だよって教えてもらい、新卒でPR会社に就職しました。
 
PR会社では様々なクライアントのサービス、商品、人のPRをするお仕事をしました。そこで、主に女性向けの化粧品とかアート、ファッションイベント、イギリスのNGOのPRなど。そこで働くうちに教育の現場をもう一回見てみたいなと思い、国際教育のNPOに転職をします。ここでは、国内外の様々な教育機関のワークショップをして、子どもたちの国際交流とか、先生のスキルアップのツールを提供したりしていました。でも、NPOって予算が限られているので、職場で職員がスキルアップする機会ってほとんどなかったんですね。研修に行きたいって言ってもお金がない。なので、そういうことを専門にしている仕事をしようと決意をしてコンサルティング会社の人材開発部でコンサルタントの育成を4年ほど行います。その後、結婚をして、在職中にINSEADというMBAのビジネススクールから派生したコーチングの修士課程に入学します。これがシンガポールとフランスにある学校なんですけれども、私はシンガポールを選び、日本とシンガポールだったら通えるかなということで、コンサルティング会社で働きながら、1−2ヶ月に1回渡航し、2年かけて卒業しました。
 

女性特有の悩みに寄り添えるようになりたい

 
INSEADに行ってる途中で、現在の会社のMANABICIAというものを設立して、今に至ります。設立してしばらくして妊娠したんですけど、夫が単身赴任でいなくなってしまったんです。それで、自分のキャリアをどうするの?夫のやりがいはどうするの?と話し合った結果、今は私が日本に残り1人で子育てをしています。
 
今、MANABICIAは4年目に入ります。主な軸は2つあります。1つはエグゼクティブのコーチング。日本ではまだ一般的ではなくて外資系のお客様が多いんですが、経営者や役員、リーダーになる候補の女性、そういう人のマインドセットをブレないように整えるということをやっています。リーダーがぐらついてしまうと、組織ってすごいぐらついてしまうんですよね。ですので、そのようなリーダーの方と寄り添いながらぶれない経営判断ができるようなコーチングのお手伝いをしています。あとは、部全体とか30代の女性全体とか、そういうところでファシリテーションして対話を促したりという仕事もしています。
もう1つの軸は女性とキャリア。これは私がキャリアについて迷ってきたことと、教育っていう軸、そして自分自身が女性であるということ、出産、結婚、子育てをどうするかという女性特有の悩みがすごく多かったので、そのようなところに寄り添えるようになりたいということで、女性とキャリアを軸にしています。
 

コンプレックスは焦りを生む

 
私自身の話しに戻しますと、本当にコンプレックスが多くあります。常に人と比べて、足りないところを数え、足りないところに気づいてしまう。その原因を自分で洗い出してみました。まず、ひとつは養育環境。両親が教師っていうのもあって、すごく厳しかったんですね。なので、18歳までは親のレールに乗る。私は小中高と一貫の学校にいったので、まず受験という選択肢を与えられなかった。親の引いたレールに12年間乗っていました。また、長女的な責任感を一人で抱え込んで、本当に何も反抗しない良い子として12年間過ごしてました。自分の意見を言うってことがすごく怖かったんですね。私、これやりたいって親に言うのも怖かった。そういう意味では、自分がやりたいことが見つけられない子だったなと。
2つ目は、学校が凄く厳しくて校則も細かく決まっていたことです。とにかく人と違うということがあまり許されない。特に、私は入学して1年生のときに見た目が外人に見えるということで急にいじめられはじめ。容姿のことはどうしようもないなかで異質性がいじめにつながったっていうのは、すごく私の中で大きなものでした。そういうこともあって、とにかく自分のことを話すのが恥ずかしくて、話したらいけないんだと思い込んでいました。で、私は表に出る人間ではなくて裏でこっそりやっているのが似合うんだ、私の人生は裏方だということを小学校の頃から悟っていました。
  
一方で、人の性格って養育環境と性質の二つで決まると思うんですけど、もともとの性質がすごく悔しがり屋さんなんですね。でも、これもいい面があって、それがエネルギーになって、人以上に努力をするし、人以上に突破力がある。
  
DSC04817
  
そのようななかで、転機が訪れました。まず、結婚への焦り。28歳くらいのとき一番焦っていたんです。就職をしてみんなが結婚したり出産したりしていくなかで、私は何もないなって。そこから、焦って、合わないなと思う人と結婚しようとしたことがありました。結局お別れしてしまったのですが、この経験が良い意味での挫折でした。この挫折経験があって学んだことが凄く大きかった。学んだことは、コンプレックスって焦りを生むということ。人生の中でいくつかコンプレックスがあると思うんですけど、時期とか体調とか仕事の状況とかによってフィーチャーされるコンプレックスって違うと思うんですよ。それが何かひとつにフィーチャーされはじめたときに、人はすごく焦り、そこを埋めようとしてしまう。埋めることは悪いことではないんですけど、埋めることが焦りになって、よく考えないままに身近なもので埋めようとすると結局うまくいかないんだと学びました。焦りは、百害あって一利無し。
  
学んだことの2つ目は、どんな恋愛であっても相手を責めないということ。恋愛は、自分が持っていないものを持ってる人を好きになったり、そういう意味では、コンプレックスの合わせ鏡だったりするんですよね。なので、そこを責めてしまうと自分自身を責めていることになるなと気がつきました。最終的に、その相手とはお別れしましたが、その経験がすごく自信になったんです。泣いたり、悔しがったりしたんですけど、その後に達成感がある。自分の人生を選んだなって初めて思ったんです。なので、ネガティブに捉えがちなものでも、それをしてはじめて掴むものがあるんだなってことを学びました。
  
学んだことの3つ目は、お別れした後に、多くの友人たちが励まし助けてくれたということ。そこで思ったのが、勇気を出して自分の道を貫いたときって、どんなにネガティブなものであっても助けてくれるんだなって思いました。私は今まで400人くらいの女性のキャリアに関するコーチングをやってきたんですけど、みんな、やりたいことがあっても失敗したらどうしよう、失敗したら食べれなくなるかもしれない、挑戦して上手くいかなかったら死んでしまうかもしれないみたいなことを考えている人が多いんですけれども、そんなことは絶対にないと私は断言しています。何か踏み出して失ったとしても、新しい何かが助けてくれるんですね。それは抽象的なことではなく、物理的に仕事がないどうしようって誰かに言えたら、「じゃあ、こういうのやってみない?」って話しが必ず来ます。