*開催レポート*4/9「自分も周りも幸せにするジュエリー 〜PERPETUAL JEWELRY「HASUNA」ができるまで〜」<書き起こし・前編>

今回の女子未来大学は「自分も周りも幸せにするジュエリー 〜PERPETUAL JEWELRY「HASUNA」ができるまで〜」をテーマに開催しました。
「愛や美を象徴するジュエリーだからこそ、搾取や環境破壊のない、クリーンなものであるように」と人や社会、自然環境に配慮したエシカルなジュエリーブランド「HASUNA」を⽴ち上げた白木夏子さんを講師にお迎えし、授業を行いました。
後編はこちら
  
18697531_10155355977677661_1302086213_o
  

【第1部 白木夏子さん講演「HASUNAができるまで」】

  
白木 皆さん、こんにちは。株式会社HASUNAの白木夏子です。いま会社を立ち上げて9年目に入ったところです。9年目っていうとベンチャーという感じではなくなっていくんですけれども、今も創業した時の気持ちを忘れないように毎日過ごしています。今日は立ち上げる前のこと、立ち上げた直後のことを中心にお話しさせて頂こうと思います。
  

ファッション業界への憧れ

  
白木 まず自己紹介から始めさせて頂きたいんですけれども、私は鹿児島で生まれて、その後、父親の実家がある愛知県一宮市で育ちました。
母親はファッションデザイナー、父親がアパレル関係の商社で勤めていました。そんな中で育ったので、小さい頃からファッションビジネスやアートの世界に憧れがありました。物心ついた頃からミシンを与えられて、洋服を作ったりアクセサリーを作ったりとか、自分の手でつくることを遊びの中でしていました。
  
 高校生のときに大学受験を考えはじめ、そのときに将来何をしたいんだろうと考え、ファッションや芸術の業界にいきたいなと思って両親に相談したところ、「自分の好きなものだけを作れるような甘い世界ではない」と猛反対されてしまいました。じゃあ、自分の好きなものを作るんだったら趣味程度でいいのかなと思い、一時諦めたんですね。
  
 ですが、卒業目前の時期に祖父と話していたときに将来像が見えた時がありました。私の祖父は、今で言うパラレルキャリアの働き方をしていた人でした。旅も好きで世界中を巡っていて、「日本にいると女性は会社にいても差別されてしまうし、結婚しても家の言いなりになるしかないから夏子は海外に出そう」と言って留学をサポートしてくれたので、地元の短大で英語の勉強をしてからイギリスの大学に進学しました。
   
 18641730_10155355977787661_941211089_o
  

インドで感じた資本主義への疑問

  
海外大学受験のために入学した短大は社会貢献に力を入れていたカトリック系の短大でした。入学してすぐに、フォトジャーナリストの桃井和馬さんという方が大学に講演に来られました。桃井さんは、世界100カ国以上で紛争などの社会問題に関する写真を撮り続けている方で、講演を聞いたときに自分に雷が落ちたような感覚に陥りました。
  
 世の中にはこんなに毎日生きていくのすら大変な人たちがいて、環境破壊が行われているという問題が沢山あるのにも関わらず、私は何でこんなに自己中心的な考え方をしてきたのだろうと思ったんです。そのときに私は国際協力、社会貢献の道を歩むことが私の宿命なのではないかと思いまして、将来的になんらかの形で社会に貢献してゆく道を歩もうと決めました。
  
 入学したロンドン大学では国際開発の勉強をしていました。ただ、授業を聴いていても世界で起こっている問題に自分はどうしたらいいのかがわからなかったんですね。じゃあ、自分で見に行くしかないと思ってNGO団体にアポを取って、1年目の夏休みに単身南インドに行きました。そこで、すごく大きな転機がありました。私が滞在したのは南インドのチェンナイというところにあるアウトカーストの村です。アウトカーストというのは、カーストの最下層にも入れない人のことです。私が行った村は鉱山労働の村だったんです。
  
 彼らの生活を見ていると、子どもも学校にいけなかったり、みんな食事も十分じゃなかったり、過酷な環境で暮らしている。その状況を見てショックで、「何でこんなことになっているの?」って強く思ったことがあったんです。ビジネスの仕組みが行き過ぎた資本主義により、買い叩くことを繰り返していった結果、末端にいる人たちに全部のしわ寄せがいっている。このような行き過ぎた資本主義の仕組みが間違っているのではないかと、この資本主義の仕組み自体を直さないといけないのではないかと思いました。その後縁あって国連でもインターンをしましたが、そのときに国連やNPO、NGOより私が見てきた鉱山での問題は、ビジネスの仕組みを変えないとどうにもならないんじゃないかなと思ったんです。
  
  

ビジネスの世界を経て、HASUNAを創業

  
 日本に帰国して、ビジネスの世界を見てみようと24歳のときに就職しました。東京にある不動産投資ファンドの会社で3年働きました。国際協力とは真逆の世界に身を置くことで、この資本主義をどう変えたらいいかが分かるのではないのかなと思ったわけです。極端ですよね(笑)。でも、入社して1年半経ったときにリーマンショックがありました。そのときに次に何をするかを考えはじめ、「ビジネスの仕組みを変える何か」をやろうかと思ったときに、2つ選択肢がありました。1つは社会を変えるようなビジネスをしている会社に転職すること、そしてもう1つは、起業。
  
これだったらビジネスになるかもしれないと思うものを事業計画書に落とし込んで、起業家の方たちにプレゼンしにいったんですけど、その中の1つにジュエリーのビジネスがありました。昔からジュエリー作りが好きだったことや、過去を振り返ったときにインドの鉱山で働いているアウトカーストの人たちのことが一番心に残っていたので、鉱山からジュエリーの素材となる鉱物を現地にちゃんとお金がまわる仕組みで買い取って、日本で加工して販売するという循環が上手くいけば、少しでもジュエリーの業界にインパクトを残せるんじゃないかと思いました。
  
 たとえお金をもらえなくてもやり続けられることだろうと思ってHASUNAを立ち上げたのが2009年4月です。これまでが創業のストーリーです。
  
最初はオンラインショップを立ち上げましたが全然売れなくて、すぐ資金もなくなってしまって。準備期間にダイヤモンドや宝石を買い付けるので数百万くらい使っていたので、起業するときは150万円しか手元になくて。致し方なく資金調達をしました。当時はクラウドファンディングなんてないので、周りの人たちに出資をお願いし1ヶ月で600万円を集めて、それをもとに始めていきました。創業して半年後にようやく百貨店とセレクトショップでの扱いが決まり、2年目に南青山に1号店を作って、今に至ります。
 

パキスタン、ペルーの鉱山の現実

  
 では、具体的にどんな仕入れをしているのかをお見せしたいと思います。こちらの写真はパキスタンの首都から北に移動したフンザ渓谷というところなんですけど、ここには先祖代々宝石の採掘をして生計を立てている民族の方たちがいます。ここで問題になっているのが、採掘される宝石の9割が密輸されてしまっていることです。この地域は中国とアフガニスタンの国境にあるんですけど、国の管理の目が行き届いていない場所で、農作物を運ぶ大きなトラックに宝石を隠して通していたりとかして簡単に密輸できてしまう。これを深刻に受け止めたパキスタンの方たちがNGOを立ち上げ、ここで採掘された宝石を適正価格で買い取って、その近辺に住んでいる貧困層の女性たちに研磨の技術を指導してサポートしています。HASUNAはここで買い付けをしてジュエリーにしています。この近辺の地域の方たちは、女性が教育を受けることや手に職をつけることが難しい地域なので、このような状況下の女性たちが自立できるように手助けしています。
パキスタンは一例で、今、世界で10カ国ほどのコミュニティと取引をしています。
  
18698578_10155355977662661_1154628706_o

 もう1つ事例をお見せしたいなと思っているんですが、金の鉱山って見たことありますか?ペルーの首都から10時間南下した村なんですが、年間にほんのわずかしか雨が降らなくて農作物も全然育たない場所なんですけど、ここに1980年代に難民となったペルー人たちが故郷を捨てて移住し、金の採掘をはじめました。ペルー、ボリビア、コロンビアあたりは金が多くとれるので、金を採掘する会社も沢山あるんですが、この場所的に大きな資本が入ってくるには不便なので、住民たちのためだけに住民たちの手で採掘のための会社を出資し合い、採掘していこうということでやっている鉱山です。ここで金を買い取ると、それが小学校の建設費用など社会的なインフラに使われています。
  

一歩進むためのメッセージ

  
一歩進むために私からのメッセージを最後にお伝えしたいと思います。
  
 まず1つめ、「”Touch the world”世界に触れよう
私も世界にたくさん出かけるんですけど、色んな場所に行って色んな人に会うたびに、自分が成長するんですよね。なんで旅をするかっていうと自分の内省のためなのかなと思っていて、もちろん旅をするのは楽しいし思い出づくりっていうのもあるんですけど、やっぱり自己成長につながるんですよね。
  
 2つめ、「”Find right partners”パートナーを探そう
これはライフパートナーもそうですけど、仕事のパートナーもそうです。もしこれから先、起業しようとかフリーランスになろうとしてる人たちがいたら、1人ではなにもできないので、信頼できるパートナーを沢山探して頂ければと思います。私自身もパートナーに支えられていますし、パートナーなしではできなかったので、1人でできないことは沢山人が集まれば絶対できると思うんです。
  
 3つめ、「”follow your heart”、ハートに従うこと
私もひとつ選択するときに最終的に何を重視するかっていうと、自分の感情なんですね。自分がどれだけワクワクするか、心からやりたいと思えるかに従っています。誰と一緒にいるか、どんなことをしたいのかっていうのは妥協したくないなと思うので、常に明日死ぬかもしれないと言う想いで行動をするようにしていて、そういうときにハートに従って自分の声に従うことができていれば後悔しないと思っています。
  
 4つめ、「”be yourself”、あなたらしくあること
私はこれに苦しめられてきた経験があって、創業して数年は経営者としてこうあるべきとか、社長はこうすべきとか、そのような枠に囚われてとても苦しかった。自分のスタイルを持って、自分って何がしたいんだろうって自己分析をして、自分らしさの中でやっていくことが会社の繁栄や売上につながったりとかするんです。肩肘張って、こうしなければならないとか、こうあらねばならないとか外的要因から分析される姿は取っ払った方がいいと思います。人から何か言われても自分は自分というものを強く思って、あなたらしさを追求することが、周りの人たちの幸せや自分の幸せにも繋がり、ビジネスの成功にも繋がっていくのかなと思います。
  
そして、5年後、10年後の自分像を描いてみることも大事だと思います。どうしても難しく考えたり自分で制約を設けてしまうことがあると思うので、それを取る魔法の言葉がこれです。「もし魔法があったなら」という言葉を一つつけるだけで、すごいアイディアが湧いて出てくる。あとすごくワクワクするのでこの言葉をつけてキャリアプランなり、ライフプランを考えてみてください。では私の話は以上になります。
  
18641608_10155355977757661_379564003_o