*開催レポート* 11/19女子未来大学2周年記念イベント「女性が輝く未来会議2016〜女性たちが“らしく”生きる未来へ〜」

今回の女子未来大学は2周年イベント「女性たちが“らしく”生きる未来へ〜」
をテーマに開催しました。
ゲストとして、最も刺激的なビジネススクールとして注目されるデンマークの「KAOSPILOT」に留学し、現在は日本で教育デザインファーム株式会社レアの代表としても活躍されている大本綾さんをお迎え、また女子未来大学ファウンダーの猪熊真理子と駒崎クララをパネラーに、パネルディスカッションを行いました。

16650552_1310616855664692_1468302269_n

自信を持てない女性たち。その背景にあるものとは?

猪熊:今日はお越し頂き、ありがとうございます。女子未来大学2周年記念イベント「女性が輝く未来会議2016〜女性たちが“らしく”生きる未来へ〜」を始めたいと思います。

“らしく”生きるってシンプルなようで面白いテーマですよね。
よく日本の女性たちは自信がないと言われていて、その調査データがあるんですけれども、自分に自信があると答えている女性は28.1%しかいないと言われています。さらに少女時代にしたいことを諦めた人が6割、もっと才能があれば挑戦してみたかったことがある人が8割います。全部が全部叶う必要はないと思うんですが、何かを諦める度にどんどん女性たちは自分に自信を無くしてしまっているのかもしれません。

自分に自信があるとお答えになる女性は3割弱しかいないんですけれども、一方で「一般的に女性には才能があると思いますか」と聞くと7割くらいが、あると答えるんですね。自分には自信がないけれども、周りの女性たちには可能性があるように見えている。
これも女性ならではの特徴的な考え方の一つと言えるかもしれませんが、それゆえに自信をなくしやすいということもあるのかもしれませんよね。

女性活躍やダイバーシティ推進の活動をしている中で感じることが、「男性と女性の違い」です。性差というよりは価値観の違い、生物学的、心理学的な違いがあるのではないかと思います。

2周年イベント1

一概には難しいのですが、一つ言えることは女性の方が高い理想を持ちがちなんですね。こうじゃないといけないというラインが男性と比べて高い。また、理想が高いだけでなく、現実的に、厳しめに現状をみるのでそのギャップが大きくなる。なので、理想まで達することができないと、自分にはできなかったと失敗体験を積みやすいと言われています。逆に男性は、理想が低くても目標を設定することができるんですね。とりあえずやってみようと思いやすいので、やってみよう、できた、という小さな成功体験を積んで自信になりやすいんだと思うんです。

日本の女性の自己肯定感が低いとされているひとつは、失敗に目が向きやすいということもあります。2つめが、他の人と比較してしまう。3つめが、謙虚であることを良しとする文化。4つめが、思っていることをはっきり言わない文化。空気を読むという文化があって、なかなか自己理解や他者理解につながらないというところがあるのではないかと言われています。

「らしさ」を形成する4つの要素とは?

心理学で「らしさ」ってなんだろうと考えると個性とかパーソナリティに近いかなと思うんですが、心理学におけるパーソナリティというのは何かというと、まず“気質”と“性格”いう部分があります。

2周年レポート2
出典:HQ Create 図3 個性(パーソナリティ)の構造

“性格”というのは、小さい頃の両親や祖父母などの関係性の中でできてくるものが大きく、パーソナリティの中で一番大切なのは、“態度”です。“態度”というのは、それ以降の生き方や考え方など、表面に現れるもの。考え方のスタンスとか価値観に近いところですね。次に“役割行動”というのがあって、社会とか他の人との関係性の中で、女性らしくとか社長らしくとか建前的なものですね。こういうものがかけ合わさって「らしさ」が出てくるようになっています。
「らしさ」に不安とか、もどかしさを感じている人というのは“気質”“性格”“態度”と“役割行動”との間にギャップがある人が多いんですね。
女性らしさを求められすぎるけど、本当は違う振る舞い方をしたいとか。そうなってしまうとなかなか「らしく」生きられなくてモヤモヤしたり悩んだりしてしまいます。それを解消するためには、“気質”“性格”“態度”として持っている価値観と“役割”として求められている価値観をなんとなくご自身で理解している方が、自分でどういう風に生きたいかということを理解しやすくなるんではないかなと思います。

今の女性が「らしく」生きづらい理由として、時代が変化する中で女性らしさそのものが変化しているということが大きくあるかなと思います。女性の幸せ=家庭に入ることという価値観ではなくて、結婚してもしなくても良いし海外で暮らしても良いという中で、自分らしい生き方ってなんだろうと悩んでいる女性たちがたくさんいらっしゃるんじゃないかなと思っています。

私らしく生きるとは、「私は私でよかったと思えること」

「らしく」生きるってなんだろうと考えた時に、一つは、私は私でよかったと思えること。誰かの真似をする必要はなく、今までになかったやり方で家族を作っても、今までになかったやり方で働いても良い時代が来ているんじゃないかなと思います。

そのために必要な力がクリエイティビティ、創造力です。
考える力がなければ、自分らしい働き方を作りだすとか、それを会社で受け入れてもらうとか社会で受け入れてもらうことはできないじゃないですか。だから、クリエイティビティを持ち、自分自身の頭で考え、それぞれが自分らしい幸せに歩めるということが本当の意味での“女性の活躍”で、新しい幸福の価値観を作っていく必要があるんじゃないかなと思っています。
16558979_1310616858998025_1817100421_n

パネルディスカッション「女性たちが“らしく”生きる未来へ」

大本:初めまして、大本です。株式会社レアという会社をやっています。今日は2周年という記念すべき機会に呼んで頂いて本当に嬉しく思います。

株式会社レアというのは、デンマーク語で“学ぶ”もしくは“教える”という意味なんですが、一言でいうと教育の学びの経験をデザインする仕事をしています。学びのデザインをするにあたり、デンマークの幸福度ナンバーワンの社会のあり方だったり多様性を受け入れられるような働き方だったり創造性・生産性の高い組織の作り方からインスピレーションを得て作った教育デザインの会社です。
私自身は広告会社で4年間営業をしていたんですけれども、働きながらクリエイティビティというのが、才能なのか、トレーニングによって手に入れられるものなのかと不思議に思って、どうしたら組織の一部ではなくて全員がクリエイティビティな働きができるんだろうと思いデンマークのカオスパイロットというビジネスデザインスクールに留学しました。カオスパイロットというのは、カオスの中でもパイロットのようにナビゲートできる人材を育てる、というちょっと変わった名前の学校なんですけれども、世界各国から集まった20代〜40代の多様な人たちが3年間切磋琢磨しながら自分らしく生きるとか働けるようにするためのアイディアやスキルを身につけていくような学校です。

カオスパイロットに留学して、教育って「自分で得るもの、積極的に作っていくもの」ということを初めて知りました。その時に、先生と生徒の関係ってもっと変えられるんじゃないかなと思って、先生が常に正解を知っている訳ではなくて、生徒と先生が逆の立場になるときもありますし、多様性を受け入れるということは、それぞれが常に持っているクリエイティビティというものをどれだけ引き出すことができるのかというファシリテーターの役割が非常に大切なのではないかなと思います。こういった形で、学びをデザインするというのは、私自身が講師や、組織開発のファシリテーターの立場でそれぞれの人のクリエイティビティを引き出せるようなワークショップをやっています。

駒崎:こんにちは。駒崎クララと言います。よろしくお願いします。私は子どもの頃、父が冒険家のハートを持っていたので32フィートのヨットで航海しながらくらしていました。この経験を活かしたいと思った時に客室乗務員(以下CA)が良いかなと思って、CAとして働いていました。そうすると、働いているみんなの悩みを聞く機会があって、そういう悩みを解決したいなと思って、今起業しています。

どんな事業をしているかというとCAの人が、CAという仕事を辞めて次の仕事に移る時のお手伝いをしたりとか、CAの中で共有されている「こういうお化粧品が良いよね」「こういう観光スポット良いよね」という情報をみなさまにご提供できないかと思って@コスメの@bueaustという媒体でCAのライターの方が発信したり、CAって年間3分の1位をホテルで過ごしているので、その人たちが本当に良いと思ったホテルをインスタで紹介したりしています。

猪熊:私は株式会社OMOYAという会社を経営しています。もともとは心理学を研究していて、卒論は「女性らしさとは何か」というテーマで書きました。その時から女性支援の活動を初めて約10年以上になります。2007年に新卒でリクルートに入り、その後会社員生活をしながら、その時にもリクルートに勤めながらダブルワークで会社を起業して、普段は正社員として働きながら週末や平日の夜に自分の会社をしていました。

2014年の3月に株式会社OMOYAという会社を立ち上げました。この会社ではコンサルの事業と女性商品向けの事業と、企業の中での女性活躍推進、ダイバーシティマネジメントとか経産省とかから仕事を受けて、女性起業支援をしている会社です。
株式会社OMOYAという会社は、2つの理念を掲げた会社で、それぞれが多様な価値観を持ちながら原点を理解して、自分の思いに誠実に歩めるような世の中を作りたいという想いと、女性の力を日本の中心に可能性を最大化できる社会にしたい想いがあって、起業する時に事業内容も決める前に理念を決めたんですね。そして、事業内容を考えて、リクルートの時に経営企画とか企画マーケティングの仕事をしていましたので、それはスキルとしてできることとして生かしたまま収益化しようと考えました。一方で女性の活躍推進支援事業がどうしてもしたいことだったので、創出した利益を女性の支援事業に投資して行くという形で取り組んでいます。女子未来大学は収益を求める事業ではなく、機会を提供し続け、継続することを考えています。ただ一方でファウンダーの想いとしては、最終的に女子未来大学がなくなることを目指していて、女性たちに迷いがなくなって、自らの力で幸せを掴み取れるような社会に本当になったら女子未来大学っていらなくなるかもしれないと考えています。そのために女性たちへメッセージを伝えたり、社会を変えていくための授業を女子未来大学を通してしていこうと思っています。

せっかく生まれてからには役に立つ人生を送りたい

猪熊:今回のテーマは、「女性たちが“らしく”生きる未来へ」です。たまたま今回2人とも起業されているんですが、起業しなければ、「らしく」生きられないということではないと思います。そこで、「今自分らしく感じていると思いますか」ということと「私らしい生き方になっていくまでのエピソードやきっかけはなにか」を教えてください。大本さんいかがでしょう。

大本:まず自分自身がらしく生きているかどうかっていうのはYESだと思います。好きな仕事をさせていただいているので。ただ、これまでに一番悩んだ時期は社会人3年目くらいの時期、深夜まで働いてタクシーで帰宅する時期が続いたときがありました。仕事は、好きなんですけど、持続可能かといったらそうではないなと思って、どうしたらそれが変えられるんだろう、自分らしいってどういうことだろうって考えている時に、スティーブ・ジョブズの言葉に出会って、「素晴らしい仕事をしたければ、好きなことを仕事にすること。もし見つからないなら探し続けること」という言葉を聞きました。

それからは、積極的に勉強会や交流会に行ったり、ボランティア活動をしている中でたまたま出会った人がデンマークのカオスパイロットの卒業生で、彼女と話をしていたときに「私が人生で受けた中で最高の教育がカオスパイロットだよ」と教えてもらったのがきっかけになっています。
たくさんの人に出会って、こういう風になりたいなっていう人がいて、その人の生い立ちを聞いていくうちに自分ができることを学べるんじゃないかなとか考えながら、私は今も現在進行形で自分らしさを見つけている過程だと思っています。

駒崎:私もYESです。私らしくって考えた時に、私の原体験を2個言えば、5歳くらいのとき。私が船に乗って大西洋を渡っていた時に、本当に陸もないし、鳥もいないし、たまに釣れるカツオだけみたいな時に、私ってせっかくここに存在しているのに人の役に何も立ててないなって。せっかく生まれたからには役に立つ人生を送りたいと思ったんです。これが1つ、もう1つは、CAのスクールみたいなところに行って、ドヤ顔で「私は船で育って…」と言ったら、「それあなたの人生じゃないから」って言われたんですよ。言われてみれば、確かに私が実行したわけではなく、私はそこの人生に参加させてもらっていただけで、だからあなたの人生を歩まなきゃいけないのよってその人に言われて、確かにって思いました。

猪熊:私も今自分らしく生きてると思っています。私自身が自分らしく生きるきっかけは、すごく小さい頃なんですね。大人になってから出会う人からは、私はすごい自信満々に見えるみたいで、昔自信がなかったというと信じてもらえなかったりするんですが…。(笑)でも、昔の私は「自分が生きてていい」と思えなかったんです。それはなぜかというと、小さい頃に妹を亡くしていて、私も小さかったので、どうして私だけが生きていて良いのかを理解できない。私には妹の経験が一番辛かったんですけれども、自分らしく生きるためには重要な経験で、その頃に私は自分が生きている意味ってなんなんだろうって思ったんですね。そのときに、なんでだろうと思うよりは、意味のある生き方をしたいな、生きている限りいろんな良い影響を周りの人たちに与えながら生きていきたいというのは小さい頃の根底としてはありますね。

その中でやりたいことを見つけてテーマを絞っていくというところで悩まれると思うんですが、私は、たくさんの女性と出会う中で救われていったという感覚があるんですね。女性支援を始めた頃っていうのは、いろんな講演に行くと、その後に相談を受けたりするんですが、悩みが解消して目の輝きが変わっていく瞬間に立ち会える時っていうのは心からの喜びがあるんです。それは奉仕でもやりたい気持ちなんですね。
私の場合は、自分のやりたいことっていうのは、本当に心からどうしてもやりたい、お金がもらえなくても自分の時間を削ってでもやりたいということが大学生の時に見つかりました。やりたいことをやりながら自問自答し続けてきた結果、右肩上がりに今が一番楽で、今が一番「らしい」んです。今年より来年の方が「らしい」し、生き方としてもっと楽になっているんじゃないかなと思っています。

16652485_1310616888998022_84209492_n

自己を知り他者を知ることが「らしさ」を見つけるコツ

これは私たち3人のエピソードなんですけれども、私たちのことだけではなくて、女性たちが「らしく」生きていけるかどうかっていうのをセッションしたいんですけれども、これからの日本の女性たちが一人一人人らしく生きるためにどのようなことが必要だと思いますか?

大本:私はデンマークに3年間住んで単純に2カ国を比較することはできないですけれども、一つあるとすると、日本って1億2千万人の国で日本語で得られる情報が沢山あると思うんですね。その中で私自身が大切にしていて、みなさんにもお伝えできれば良いなと思うのは、良質な情報に触れることは大切だなと思います。ウェブサイトに乗っている情報が自分にとって本当に良い意味のあるものなのかを少し距離感を置いて考えてみる。私は、少なくとも週1回はヨガや散歩をすることにしているんですけれども、自然の中に自分を置いて、好き嫌いとか気持ちよいとか喜怒哀楽の感情とかと向き合うような時間を持つっていうことが、自分らしく生きるためには大事だなと思っています。

駒崎:私は、他の方からアドバイスいただいたのがきっかけで突き詰めていけることが多かったので、どこかに出かけていろんな価値観を持っている人とお話をすることってとっても大事だなと思っています。違和感っていうのは自分を見つけるとってもいい方法だと思っていて、似ている人とお話しすることも私らしさを見つける方法だと思うんですけれども、似ているからこそ私らしさがわかりにくくなるかなと思っていて、違和感があると、私こんな考え方してるんだと気付きやすいかなと思いました。

猪熊:一人一人が自分らしく生きるためにはということなんですけれども、女子未来大学にいらっしゃってくださった女性たちの中で一番多いご感想が「こういう深いことをあまり人に話したことがありませんでした」「わざわざ時間をとって考える時間を持たなかった」というご感想なんです。
自己を知り他者を知るっていうのが「らしさ」を見つける一番大切なことなんだと思っているんですけど、あまり深い話ができなくて上辺のコミュニケーションだけだと、あんまり自己理解も他者理解も進まないかなと思うんですね。ですが、女子未来大学では、それ(自分の深いところの想い、自分と向き合った想い)をシェアしてくださいという時間をとって、しゃべっているうちにご自身で「らしさ」に気づくこともあると思うんですね。それが私たちが存在する意味かなって思っていて、自分自身のことについて考える機会を作るっていうのは「らしく」生きるために大切なことかなと思います。大本さんも良質な情報とおっしゃいましたけど、世界に出たりとか、自分の価値観と違う人と出会うことによって「らしさ」に気付き、良い方に使っていけるのではないかなと思いました。

まだ時間があるのですが、皆さんから何か聞きたいことなどありますか?

質問:今日のお話を伺って、ロールモデルに出会ったり、理想像に出会うことが改めて大事だなというのを感じました。会いたいなと思う方がいたりとか、この方との繋がりを離したくないなと思った時に皆さんがどのような行動をとっているかお伺いしたいなと思います。

駒崎:私は、「この人に会いたい」と人に言っていると自然と会えると思ってます。本当に出かけることが大事で、出かけると、あっ!こういう人に会いたかったんだっていう気付きもあります。あとは、離れたくない人にはめっちゃ好きって言ってます。すごい好きって言っていると伝わるのかもしれません。だから会うたびに好きって言ったりしてます。

大本:そうですね。会いたいって思っている人は実は忙しい方が多かったりするので、その人が知りたい情報ってどういうものなのかなっていうのを考えて、その人に対してどう貢献できるんだろうと考えてから、お会いしたいんですっていうのを伝えます。そうすると、忙しい方でも興味を持ってくださったりするので。離れたくないっていう人も同じだと思います。自分が情報をもらいにいって終わりではなくて、相手に対しても共有できたりするものを事前に準備するのが良いかなと思います。

猪熊:私今年1番会いたい人に会えたんですね。京都大学の総長の山際教授にお逢いしたかったんですけれど、類人猿研究をされているということでどうしても会いたくて。私は2、3年前から心理学・社会学的な母性についての研究をしていたんですけど、総長は父性研究をされていて、類人猿研究なので分かり易く言うとゴリラ研究なんですが、人間らしさとはなんなのかっていうのに迫る研究をされているんですよ。たまたま今年の秋に開催された仕事の同じ晩餐会にいらっしゃって。こうやって、ハプニングで会えるケースでも自分のことを伝えられることがとても大事で「私ずっと前から母性研究をしていて、先生の父性研究の本を読んだんです」と初めての時にご挨拶しました。自分が何をやりたい人で、どうして会いたかったのかをちゃんと伝えられると、全然印象が違うと思うんです。
この人に会いたいなと思って会いに行ったケースもあります。そういう時はクララと同じように会いたいって言ってたら会えますし、Facebookだったら共通の友人に紹介してもらったりとか。ファンだから会いたいですっていうのはなかなかお時間作ってくれないと思うんですが、こういう目的で事業をやりたいとか、こういう知見が絶対必要だと思っているんですが、お時間作ってもらえませんかとか。
そのあと継続的につながっていくためには、出来る限り自分にできる精一杯のことでお土産を持って行くですね。例えば、男性の経営者にとっては女性の視点がお土産だったりとか、私たちが情報を搾取したいのではなくて、きちんと相手の役に立てる何かを提供するっていう思いがないと相手の時間を奪うだけになってしまうので、返せる最大限のことを返していくっていうのは大事かなと思います。

16652859_1310616912331353_2077346891_n

自分の持っているものを価値に還元すること

猪熊:最後にこれから女性たちが「らしく」生きていくために必要なことっていうのを一言ずついただければと思います。

大本:やっぱり私は自分の感情に正直にいるっていうのがすごく大事だなと思っていて、喜怒哀楽を出さないことが日常生活では多くなってしまうので、もっと出せる場所を意識的に作っていくのがすごく大切だなと思います。好き嫌いっていうのを大切にするっていうのが、今の時代だからこそすごく大事にしたいですし、みなさんにも伝えたいなと思います。

駒崎:今の会話を通して思ったのは、いろんな人の価値観に触れることって大切だなと思います。その機会を大切にしていただけたら、「らしく」生きていくっていうのはそこまで難しいことではないのかなと思います。

猪熊:「らしく」生きている女性を想像した時に、それぞれ想像される女性って違うと思うんですが、なんとなく私がイメージするのは芯があって、凛としている、すごくしなやかで、包容力とか優しさがあって、そういう柔らかな部分を持っている女性の方がなんとなく「らしい」なっていうのと、自分自身100%で生きているとか自分の持っているものをきちんと価値に還元できている方が「らしい生き方をされている」と思いますね。

女性たちが軸を持つためには、自分の周りの環境とか、社会とかを変えていかなければならないこともあるのかなと思うですが、そこにクリエイティビティとか創造性とかイノベーションとか、今までの方向とは違うやり方で、新しく未来を切り開いていくような力を持てると良いかなと思います。そのためには女性たちが連携して、影響力を与えあったりとか、励ましあったりすることによって、新しいアイディアが生まれて自分の苦しい状況を打破していくような強さやしなやかさが社会の中に広がっていくといいんじゃないかなと思います。今日はありがとうございました。