*開催レポート*3/19ミスインターナショナル日本代表が教える外見も内面も美しい女性になるための授業「いるだけでなぜか視線を集める美しい女性のルール」を開催しました!

IMG_0554

綺麗な人を見ると、素敵だな、羨ましいなと思ってしまうことないでしょうか。
 
美しさとは、心の美しさが外見や所作、雰囲気にも反映します。
「きれいになれない」「私はきれいではない」と思い込んでいたら、その思いはどこか目に見える外見にも投影されてしまします。
 
顔やスタイルの良さではなく、その人自身が持っている雰囲気やオーラといった美しさを得るために、
今回は、「いるだけでなぜか視線を集める美しい所作のルール」の著者でミスインターナショナル日本代表の金ヶ江悦子さんを講師にお迎えし、2000人の人生を変えた女性が美しくなるセミナーの一部を女子未来大学でお話頂きました。
 

 
<第1部>では、金ケ江さんに、自分自身をもっと活かしながら、外見も内面も美しい女性になるためのお話をしていただきました。
金ケ江さんによると、人と話しているときに印象が残る部分として、話し方(声の質、速さ、大きさ、口調)、見た目(服装、表情、仕草、視線)が大きく印象を左右するそうです。
 
その中でも、美しい人の共通点として「笑顔」を上げられました。街で友人に会った時や、恋人とじゃれ合っているとき、宝くじが当たったときなど、笑顔のバリエーションを持つことでより豊かなコミュニケーションが取ることできます。
 
また、美しい女性は「眉周り」がよく動くとのこと。日本人は口だけで話すことが多いため、海外の人のように顔全体を使って表情を作り、感情を表現することで、相手によりその時の気持ちを伝えることができます。
その他にも、脚をスラリと長く見せる座り方や、エレガントに見せるためにはどの指を意識すれば良いのかなど、参加者の方々と一緒に実践しながら、楽しくお話いただきました。
 

美しい座り方を教えて頂いているところ。
美しい座り方を教えて頂いているところ。

金ケ江さんは、綺麗になりたいと思うことは、相手に対して、“心地よい自分でいたい”という思いやりの気持ちだとおっしゃられていました。
自分のことだけを考えて綺麗でいるのではなく、周りにいる人への思いやりなどからくる内面からの美しさが本当の美しさなんだと気付くようなお話でした。
 
 
<第2部>では、ゲストに2015年ミスターワールド ファイナリスト 山上雄大さんをお迎えし、Q&Aセッションを行いました。参加者の方々からは、「毎日行っている習慣はありますか?」「馬が合わない人とはどのように付き合っていますか?」などの質問があり、金ケ江さん、山上さんから「普段の歩き方や姿勢への小さな意識」「たとえ嫌いであったとしてもありがとうと言っているうちに相手のことも嫌いじゃなくなるのではないか」など、それぞれの経験を交えながらのお答えには参加者の皆さんも熱心にメモを取りながら聞いていました。
 
 
<第3部>では、金ケ江悦子さんによるミニレッスンとして、歩き方講座を行いました。

 
 
歩き方にもその人の心境が出ます。
「怒っていたり、悲しい時にはそういう風に見える歩き方をしていませんか?」という自分への問いかけから歩き方を見直すことから始まりました。
まず歩き方の基本として、立っている姿勢を整えます。
 
1. 深呼吸をして、腹筋に力を入れる。
2. お腹に力を入れた状態で呼吸をする。
3. 自分の身長を1cm伸ばす。
4. 肩を下げて、首を伸ばす。
5. お尻に力を入れ、両足(ふくらはぎ、太もも、膝)をくっつける。
6. 3ステップ(1歩出す、2歩目で寄せる、3歩目で180度振り返る)
7. 歩くときの重心は内側中心で母子球のあたりに重心を置く。
8. 一本線で歩く。
9. 膝を中に入れて歩く。

 
などステップを踏んで教えていただきました。普段はなかなか腹筋に力が入っていなかったり、猫背になったりと自分が楽な姿勢で歩いているので、歩くことがこんなにも意識がいるものなのかとみなさん驚いてらっしゃいました。
最後は、ミスターワールド ファイナリスト 山上雄大さんにエスコートしてもらい、一人ずつウォーキングを披露しました。本当に参加者のみなさまの表情や歩き方がイキイキとしていて、いらっしゃった時よりもお一人おひとりの目や顔が輝いていくのが分かり、とても感動的な雰囲気で授業を終了することができました。
 
 
交流会では金ヶ江さんが出版された本「いるだけでなぜか視線を集める人の美しい所作のルール
(PHP研究所)」のサイン会も行われ、金ヶ江さんの周りには時間ギリギリになるまで参加者の皆さんが集まっていました。
今回、残念ながら参加できなかった方は、こちらの本もぜひご覧くださいませ。

■いるだけでなぜか視線を集める人の美しい所作のルール(PHP研究所)http://goo.gl/ziayZg
 
今回の授業で、普段はなかなか意識しない歩き方や姿勢を変えることは、悲しいことや辛いことがあったときこそ、自分の精神状態を前向きに変えることができるのではないかと感じました。
 
女子未来大学にも、モチベーションを上げてくれたり、悩みと向き合い解決できるような授業がたくさんあります。そのような自分と向き合う時間を作ることで、毎日が良い方向に変わっていくのではないかと思います。これからも様々な授業を行っていきますので、みなさまのご参加をお待ちしております。改めましてご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
(Reported by 大迫茉奈)