*開催レポート* 10/21 女子未来大学4周年記念イベント 『女性が輝く未来会議2018 〜これからの女性の幸福論〜』<書き起こし・後編>

今回は、女子未来大学4周年記念イベントとして【これからの女性の幸福論】をテーマに、途上国の社会課題である栄養改善活動をザンビアやバングラデシュなどで行っている社会活動家・国際栄養士の太田旭さんをゲストにお迎えしました。

第一部で社会活動家・国際栄養士として活動する旭さんが、どのように情熱を注げる今の活動に出逢ったのか、どのように世界を舞台に活躍しているのか、世界の中でのそれぞれの多様な幸せについてのお話やエピソードをお伺いします。また女子未来大学ファウンダーの猪熊真理子が、「これからの女性の幸福論」について、日本の女性たちが抱えている悩みや葛藤、女性活躍における課題、未来をより良いものにしていくための方法などについてお話します。第二部では女子未来大学ファウンダーの猪熊真理子と駒崎クララをパネラーに迎え、「女性が輝ける未来について」また「これからの女性たちの幸福について」のパネルディスカッションを行いました。
前編はこちら
LRG_DSC03560

第2部講演「女性が輝く未来会議2018パネルディスカッション」

猪熊:第2部のパネルディスカッションに入りたいと思います。ここからは女子未来大学ファウンダーの駒崎にも加わってもらいます。

駒崎:今日は女子未来大学にお越しくださいましてありがとうございます。女子未来大学のファウンダーの駒崎クララと申します。私は約7年半客室乗務員として飛んでいた中で、目標としていたものを達成し、その後次の目標が何かわからないという人にたくさん出会って、そういった方々をサポートできるような人になりたいと思って起業しました。弊社では、主には客室乗務員の方の口コミと客室乗務員の方が次の仕事に転職する際のサポート、客室乗務員の方のお力をお借りしたマーケティング事業をしています。表向けには客室乗務員向けと発信しているのですが、実は他の職業の方もサポートしていて、いろんなキャリアの方のお話を聞いているので、今日は皆さんとシェアできたらいいなと思っています。よろしくお願いいたします。

猪熊:それではいくつかテーマがあるのですが「今どのような時代で世界の変化を感じていますか。その中で今後女性たちの生き方とか働き方がどう変化して行くと思いますか?」

太田:これまでは信じるものとか宗教とか、地域に根付いたものというのが多くの国々にあったのかなと思っていて、テレビとかインターネットが普及するにあたって、今すごく感じるのは、自分が信じてきたものを直にじゃなくて色んな視点から見ようとするようになってきたこと。どう変わって行くかは一生懸命想像してみたんですけど、まだ私も見えてないかなというところです。

駒崎:色んな女性に会ってみて、この1年くらいですごい変わったなと思うことがあります。去年くらいまでは自分がなりたい職業に自身を寄せて行く像で悩んでいる方が多かったのですが、この1年でご自身がなりたいなと思っている像に職業を合わせてくるという風にシフトしてきているなと思っていました。また、そのような世代がこれからの時代を作っていくのだろうなという風に感じています。職業を自分自身に合わせて行くのは前々から難しいなと思っていて、結局その職業になったらどうするのと。ご自身がなりたいと思っている像を見つけて行くと、色んな人の働き方とか生き方が変わっていくんではないかなと思いました。

猪熊:どちらかというと生き方も働き方も外から与えられるものという印象が昔はすごく強かったと思います。仕事は特にわかりやすくて、昔でいうと御恩と奉公じゃないですか。働く内容っていうのは奉仕する人が決めていて、お給料がもらえる代わりになんでもするというか、そういう外から与えられるものじゃなくて、内発的な自分の中から生まれるものをそのまま外に出して、働き方にしても良いし、それを生き方にしても良いという変化はあるんだろうなと思います。

自分自身を受け入れられるから多様性も受け入れられる

猪熊:次のトークテーマなんですが、「皆さんお一人お一人に置き換えて考えてもらう時に、これから日本の女性たちが幸せに生きるためにどのようなことが必要だと思いますか。

太田:ずっと考えてたことなんですが、自分を知るって本当に大事なことだなと思っていて、例えば私は睡眠不足で空腹の時が一番何もできないので、パフォーマンスを下げないための工夫として食べたり寝たり、気をつけるようにしています。それって自分を知っているからこそで、決めつけではなくて経験や体験を含めて感じること。、過去には、応えたいとかやりたいって気持ちで身の丈以上過ぎる仕事を受けてしまって、寝ずに無理した結果周りに迷惑をかけたこともあって、それで後悔することもありました。反省しています。

猪熊:自分を知るってセルフマネジメントって言われていて、自分の取扱説明書をわかっているかどうかなんですよね。それはどういう状況で環境だと能力を発揮しやすいとか、幸福を感じやすいとか、こういうコミュニケーションは得意だけど、これは苦手とか、自分の取り扱い説明書って一人一人違うんですね。ご自身で感覚的にわかっていることをきちんと生かすことができるといいかもしれないですね。

太田:今日は輝く女性としてお呼びいただきましたが、廃人みたいな自分がいるのも認めているし、自分の転びやすいポイントも、このことだけはしてしまったらすごいダメージ受けるなっていうこともあって、その時は避けたりとか逃げたりもします。それもセルフマネージメントだなと思っています。

駒崎:多様性が大事と言われていますが、それが大事なのはわかっているけれども自分自身を知ることの方が大事だと思っています。多様性を知ることで、他者と自身との違いがわかり、より自身のことを自分で知るというのがとても大事だなと思います。なぜなら自分自身を受け入れられるから多様性も受け入れられるなと思っていて、そういった方が多くなれば一人一人の幸せにどんなことが必要かわかりやすくなるのかなと思います。

LRG_DSC03529
猪熊:「やるべきこととかやらなきゃいけないことが押し寄せてくる中で誠実に答えてたら、いつの間にか10年経ってたっていて、進みたい方向性が出てきてる中で向き合わないといけない方向とギャップがあって、どこで線引きにして、どう進めてきましたか?」

太田:私基本的に自分をちっぽけだと思っていて、全部は無理なんですよね。全員にパーフェクトに24時間発揮できないってわかっているから、だからもうこの時間で切るとか、何人・何件までって数を決めるとか、時には気持ちじゃなくて意思で決断するようにやってきました。じゃないと自分が後悔するし、みんなに迷惑をかけたことに申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまうような自分が想像できるから。

駒崎:私の話ではないのですが、40歳を迎えた方の転職支援をしているとすぐ決まる方と決まらない方に差が出てくるなと思っています。すぐ決まる方というのは組織の中で自分がしなければいけない仕事に誠実に向き合っていた人なんですよ。自分がしたいかどうかではなくて、自分自身が軸として考えていたのがその企業で、落とし込んで目の前のことに誠実に取り組んでた人たちはそのことを評価されて、40代の転職の時に自分のしたい方向にサクッと進めるんですね。誠実に向き合うっていうことは自分自身の取り組み方を精査されているのかなと思います。

猪熊:私自身の話でいうと、昔は求められたことに期待以上で答えるっていうのが基本的なベースだったので、小さい頃習い事をしていた時も親の期待とか、先生の期待に120%で答えていかないといけないんだって頑張っていた時期があります。会社員時代でも、組織のなかで期待される役割があるじゃないですか。期待されることに答えていく、ベストで答えていくことで何が良かったかというとキャパシティが広がっていくことだったんですね。
自分の能力が上がっていくことは将来的にはきっと繋がるはずであると信じるというのがあって、次のフェーズに入った時に、会社員としてやらなければならないことと自分でやりたいことを両方始めて、それをやっているうちにやりたいことを求めてくれる人が増えてきた。
自分のやりたいことで実績も付いてくるので、それを「いいね」と言ってくれる人が増えてきて、結果私は独立して、起業しているんですね。別にみんながみんな起業しろとは思わないんですが、自分がやりたいこととやらなければならないことのバランスに悩むっていうのは絶対にあって、でもやらなければならないことに答えていること自体が幸せだっていう価値観の人もいるはずなんですよね。それはその人の良さでやりたいことだけをやっていきたいと強く思っているか、自分に期待をしてくれてその期待に応えることで喜びを感じるのかというのは人によって違うので、もっとやりたいことに寄せていきたいのであれば、最初は同時並行して、最後それで一本立ちできるフェーズになったらいいのかなと思います。

問いを立てて、自分が満足できる生き方を見つける

猪熊:最後に女性たちのメッセージをいただこうかなと思います。

太田:先ほど“何々しなきゃいけない”という話があったんですが、輝かなきゃいけないとか、誠実でなきゃいけないとか、期待にそわなきゃいけないとか、いったんそういうのは取っ払って、自分がどうしたいのか、自分がどこに向かっていきたいのか、外よりも自分の内に問うようにすれば自分の価値から幸せの在り方が見えてくるんじゃないかなと思います。今日はありがとうございました。

駒崎:4周年を迎えられたのはみなさんのおかげです。ありがとうございます。思い返せば、最初女子未来大学というサービスを猪熊と岡田と始めようとなった時に、「大学」と名前が付いていて、悩みました。私何も教えられることないんだけどと。猪熊と岡田に気持ちを伝えると、猪熊が「教えるというものではなくて一緒に学んでいく場にしたいんだ」ということを聞いて、それなら私もやりたい、学んでいきたいとなり女子未来大学が始まりました。、これからもみなさんと一緒に学んでいけたらなと思っているので、どうぞよろしくお願いいたします。

猪熊:学びの場を作りたいとは思ってなかったんですが、「私たちの周りの女性はみんな悩んでるよね」というところから、その人たちに何かできないかと考えてきたことが、今の女子未来大学に繋がっています。私たちはとても恵まれていて、すごい素敵な人たちがたくさんいて、その人たちにインスパイアされて私自身も学びが深まっているので、そんな素敵な人たちから私たちだけが学びを享受するのではなくて、みんなでお話聞いたら学びになるんじゃないってところからスタートしたのが女子未来大学なんですけれども。

ただ最近思うのが、「問いを立てる」というのが大切だなと思っていて、完璧な人っていないじゃないですか。自分にどんな課題があるのかとか、なぜ自分に自信がないのかとか全部問いになるんですね。問いを立てて、それについて自分で考え、その場に出向いて自分でアクションを起こしてみるとか。自分の問いでも、誰かと共有していると、答えって自然に集まってくるなと思っていて、問いを立てて、探求するためのアクションを起こして自分が満足できる答えとか生き方を見つけるということは大事だなと思います。

今回来ていただいた女性たちが自分の幸せをどう思っているかなどを懇親会などでお聞かせいただいて、その知恵が集まってくると5周年の時の新しいテーマが浮かんでくるかなと思います。